シューズはポジションによっても違う

バスケットボールという競技を極めていくためにとても重要なアイテムとなるのがシューズです。
ウエアやユニフォームなどはほかの人の物を借りてもそれほど大きな体格差がなければ問題ありませんが、シューズはサイズ以前に人の履いた靴の癖があるので違和感が大きくプレイに支障がでます。
自分に合わない靴を履いているということは、人の癖がついたシューズを履いているのと同じような感覚なのです。

バスケットボールはポジションによってシューズのタイプを変える必要があります。
ガードの場合、コントロールを重視するポジションとなるので軽くフットワークを生かせるシューズがあっています。
また様々な動きをしながら周りをうまく生かしていくことが必要なので、動きにあった自由度の大きなタイプが理想的です。

ペイントエリア内でリバウンドのかなめとなるなど動きの激しくなるセンターは、クッション性があり、怪我をしないように設計されたサポート力があるシューズが理想です。
安定感のあるシューズを履く方がより激しい動きについてきてくれます。

オールラウンドプレイヤー、もしくはポジションが決まっていないという人はこれから先どのようにプレイしていきたいのか、またどんなポジジョンになりたいのかということを考えて、それよりの靴を選ぶといいでしょう。
点取り屋となるフォワードはセンターとガード両方の要素を持っているため、センターに合うシューズでもいいですし、ガードに合ったシューズでもいいです。
履いてみて感じがいいものを選択します。

バスケットボールシューズはしっかり選ぶ

バスケットボールをこれからやっていこうということならまず必要となるのがバスケットシューズでしょう。
自分にあったバスケットボールシューズを選ぶことができれば、プレーの中でも自分のよさを最大限に生かすことができます。
どんなスポーツでもシューズはとても重要なアイテムとなりますので、じっくり選んでいきましょう。

バスケットボールシューズに関してもほかのスポーツのシューズに関してもいえることですが、自分の足の形をしっかり知ることが重要です。
顔と同じように足の形も人によって大きく違います。
足の甲が低い人もいますし高い人もいます。
平べったい足の人もいますし、幅が細い人もいます。
その人によって足の形が違うのですから、お友達が履いてこれは最高のバッシュといっても同じものであなたの足に合うとは限りません。

幅が広いタイプの方は足の甲から先の方が広めのシューズがいいですし、足の幅が狭い人はきゅっと先の方が締り気味のシューズが合います。
バスケットボールシューズを販売しているメーカーによって、同じサイズでも幅などがかなり違うので、絶対に「履いてみて」決めるようにします。

履いてみて少し歩いてみる、そこで違和感を感じたり靴の中で足が泳ぐようではサイズがあっているとはいえません。
できれば、靴の専門家の方にサイズを見てもらうといいでしょう。